ま         さまの転か、にーま、ぢーま、名前が松子だとまつーま、鶴だとつーま
まーがや      無いだろう、はーあるまーがや、行けまーがや
まくじ       目脂、
まける       かぶれる、漆にまける
まこと       ほんとに、なるほど、そういえばそうでしたね、まを強調して発音
まっつい      全く同じ
まひげ       眉毛
まひょうしにあわん 急ぎに間に合わないこと、動作がにぶく適応せぬこと
まめおとこ     女ばかりの中で遊ぶ男の子、男と女とまめ男と言ってからかっていた
まめになる     元気になる、まめにゃーありますかいのー
まるたま      全部、まるっと
まんぼー      四方八方、まわり
みー        箕、穀物を精選する道具、送風利用の大型の物はとーみーと言う
みーさえ      見なさい
みーさーた     見なさった
みーされえ     見なさい
みーや       見よ、ほらみーや
みしかい      短い
みしる       むしる
みせぶらかす    みせびらかす
みちょる      見ている
みてる       無くなる、皆果たしたの略か、しろみてからきた語か
みにならん     食事をしても落ち着きが無い時に使う
みやすい      易しい、たやすい、容易、簡単
むさい       長持ちする
めー        も良い、休んでーめーど
めーめ       各自、自分、めーめのことばっかししか考えちょらんじゃなーか
めじながええ    目が恰好よく、視力の優れている様をいう
めしむぎ      裸麦、麦飯の麦
めんたし      軽い謝辞、真っ平、失敬くらいの意か
めんどーない    恥ずかしい、体裁が悪い、見られたくないの意か
もーけすえる    儲けとうす、                     
もーはー      最早、もーはーやったのか              
もちーと      も少し、もうちょっと、もそっと              
もとぢ       大地,地面、もとともいう
もどりしな     帰途                            
もとおらん、     埒が明かない、はきはきせず機敏を欠くこと、もとらんことを言うな
もぶれる      まみれる、まーまー砂もぶれになってよーあすんだね
ももぐる      もみくちゃにする
ももた       腿、股
このページの先頭へ戻る