かいさ       皆目、ちっとも、どうも、かえさとも、かえさの奴とは案外劣った者のこと
かう        栓をかうとは栓をすること
かがち       すり鉢
かかる       子や孫に養って貰うこと、子が親に世話になるのは親にかかるという
かがる       煤ける、煤のことをかがりと言う
かく        蕎麦やはったい粉に湯を入れてかき回すこと
かぐしりつく    しがみつく、かじりつく
かぐしる      引き取る、かぐしりとる
かぐる       引っ掻く
かくれごー     かくれんぼ、かくれおにとも言った              
かけや       大槌                          
かっける      走る、かける、かっけりごーはかけっこのこと
かごめる      引っ込める、腰を曲げる,かがめる
かす        水にかすとは水に浸すこと
がそ        ほど、だけ、百円がそ、
かたあし      椿の実
かたかた      履物が左右ふそろいなこと
かたぐ       かつぐ
かたづめる     こっちからかたづめて取って下さい
かたひ       半日
かつえど      飢えた人、がつがつしている人
かった       借りた
かな        かねの訛り、あるかな、来るかな
かねる       頭に載せること、頭を相手の脇のしたに入れて反る相撲の技をかねると言った
かばち       口、おしゃべり、かばちを言うな、かばちをたれな。広島の人がよく使う
かぶる       蚊が刺すことを蚊がかぶると言う
かもう       人をいじめる、からかう
かやる       覆る、くつがえる
かわち       家の周囲
がんくう      けち。あいつぁがんくうじゃけえのう、かにゃぁだしゃぁせんにーや。
かんしょうな    潔癖な
かんぱち      やけのかんぱち、ひやけのなすび、終わりの意
かんばれ      しもやけ、かんやけ
きー        頭のふけ
きーな       黄色い
きあい       気持ち、気味、きあいが悪い。
きーさい      来なさい
きしゃない     きたない
きずいな      我儘な、気楽な。
きっぽ       傷のあと
きなんど      蝗、いなご、ぎなんどとも、
きをやく      心配する
きにょう      昨日
きねり       甘柿
きばく       気迫
きばる       努力、値をはずむ、物を人に奢る
きびる       結ぶ、くくる                        
きぼりきぼり    放心の様子、ぼんやり、きぼりきぼりしちょった       
きゃーだい     驚いた時に言う
きょーび      近頃、
きれいずくしゃ   綺麗好きな者、清潔好きな者
きれいなかった   綺麗であった
きやいくそがわるい 気持ちが悪い
きんうり      まくわ瓜
きんかいも     馬鈴薯
くえる       崩れる
ぐえんしゃ     分限者、金持ち、ぐべんしゃとも
くさし       やりくさし、やって途中で放っておく、食いくさし、食べ残し
くじをくる     叱る、文句を言う、じらを言う
くじくり      気むづかし家、文句ばかりいう人
くずぬく      うつむく、うずくまる、かがむ
ぐすねる      崩れる、拗ねる、そっと自分のものにする 
ぐでる       酒に酔って繰り返す話
ぐと        甚だ
くどろ       屑
くらえつける    物を投げつける
くれさーた     下さった、
けー        故に、から、お前がそねーなことを言うけえみい、けにとも言う
げ         嘔吐、げととも
げな        そうな、―――由
げってん      かたくなな変わり者、元来の宇部の方言ではなかったようだ。吹上堂の菓子の名前になっていた
けつる       蹴る
げどーされ     野郎、このげどーが、このげどーされが、宇部ではあまり悪い意味にはとられなかったようだ
けない       長持ちしない
ごーぎな      甚だ、非常な
こーこー      沢庵付け、香合
こーしゃく     理屈を言う、こーしゃくたれな
ごーたま      腹が立つことをごーたまがわくと言う
こーへいな     こしゃくな、生意気な、横柄なの転か
こーりもち     かきもち
こが        肥溜め                            
こがり       釜底に残っているおこげ、法事などで子供がよく貰って食べた   
こくーな      ぼんやり、うっかり、わしゃーこくーなけー気がつかだった
こくーなー     大層,意外に、こくーなーひどーに叱られた          
こくーに      非常に
こくーもない    余程、こくーさんがいがないとも
ごくぞー      ごくつぶし、役に立たない子供を罵るときに言う
こくれもくれ    転びつまろびつ、こくれもくれにげこーだ
こさぐ       擦り掻く事、こすりとる
こじろしい     うるさい、忙しい
こぜみ       ちっちっぜみ、
ごっぽー      甚だ、大いに、沢山,、めっぽう、ごっぽーなーどよーしものとは頓知者かあて
          にならない人のことをいう、ごっぽーすけとも言う
こつる       咳をする
ごてる       行き悩む、まごつく
こなげる      薪を小さく束ねる
こなんた      この人、このあんた
こねーな      こんな
こびんちゃく    子供、ちび
こまい       小さい、こまい姉ちゃん「一番下の姉」
ごゆーに      ごゆっくりと
こらえーや     許して呉れ、こらえて下さい。丁寧語はこらえてつかさりませ
こりー       妻や子供に対して言う、呼びかけの語
こりさえ      同格以下又は近親に対して言う
これ        他人の家を紹介する時、この家にはをこれにゃーと言う
これさい      親しい親戚の人にたいして、ごめん下さいをこう言っていた。
ごろーじませ    御覧なさい、ごろーじませになったは人が亡くなったことを言う
こんげん      全然、絶対、甚だ、根元
こんごー      猫背、こんごーをかるー
ごんごー      子供の怖がるお化け、ごんごーがでるぞー。萩ではごんごじいという。
こんなー      これは、彼は
こんぼ       子供を背負う半纏、おいこんぼ
ごんぼー      牛蒡
このページの先頭へ戻る