はー        もう、はーなーでよ、もう無くなったよ
はいらず      蝿入らず、周防ではハイチョウ、西岐波ではへーらずと言っていた
はう        田の草取り
はがいたらしい   歯痒い、腹が立つ
はかまごし     袴腰、宇部炭の一種、別名三尺炭
はきゃーなー    しかない
はざまぐい     間食
はさる       挟まる
はしかいー     鋭敏な、忙しがりやな
はしから      次々と、順番に、「すべての意あり」
はしる       痛む、歯がはしる
ばすがぬける    調子がはずれる、失望する
はせる       挟む、何かの間に入れる
はなえる      始める
はなえて      初めて、わざわざ
はなぐりをあげぬ  らちのあかぬ、あいつがはなぐりをあげんけーことにならんそ。はなぐりとは
          牛の鼻輪のこと
はね        1、鱸すずき2、仲間からはずす、2ははを強調して言う
はねくりかえる   寝そべる、疲れたからはねくりかえって寝るでよ
ばば        1、汚い物の幼言、2、糞
はばしい      強い、激しい、仕事の速い
はぶてる      拗ねる、ふくれ面をする
はま        下駄の歯
ばら        炭鉱で働く浮浪人をいやしんで言った。宇部のばらに阿知須のきゃーたま
ばる        放尿、小便をばる
ばんこ       炭坑の坑底で、掘った石炭を盛った目籠を「しゅら」に乗せて坑口の真下まで引き出して巻き上げ綱の端に掛ける職務の人、多くは少年の仕事だった
はんごー      都合、やりくり、
はんぞー      水がめ
ひーさ       長期間,久しく、
びーたれ      泣き味噌、泣き虫
ひてー       一日、ひてーぢゅう、一日中、ひてーごしは隔日のこと
ひぐり       暦                        
ひこずる、ひこじる ひきずる                          
ひといし      宇部炭の一種
びしゃく      打つ、叩く、にやす、どーづく               
ひしゃげる     つぶれる、
ひつえる      つぶれる
ひっかるー     かるーの強調、背負い込む
びっしょ      びしょ濡れ
びったれ      無精者、不潔な者
ひっぱり      親族、血続き
ひどーに      強く、ひどく
ひとみ       人見知り
ひねきる、ひにきる ひねくるが標準語
ひる        真っ盛り、例、にくじのひるを言う、盛んに悪口を言う
ひやい       冷たい
ひりあたり     偶然にあたること
びんちゃく     横面、横面を叩く
ひんず       序に、1、付け加え2、余計な、無益な、つけたりの3、予期せぬ
びんぶく      肩車
ふいきん      ふきん
ふ         運、ふが悪い、ふがええ
ふーがな      一風変わった
ぶくり       木履の訛り
ふぐる       牛が角で怒ること、転じてもぐりこむこと
ぶすける      拗ねる、仏頂面をする、ぶすけとはそういう顔をする人を言う
ふせる       苗を植える、仮植
ふたいし      宇部炭の一種
ぶち        最近の方言、鞭からきた言葉らしい、超と同義語、ぶちうまい、超おいしい
ぶちあげる     ひどく打つこと、喧嘩の時に使った
ふみあげ      踏み台
ふよーたれ     無精者
ぶらまかす     放置する
ぶんとー      こがねむし
へーから      それから
へーこら      必要以上に頭を下げる、へーこらするな
べーす       胃からでるガス                  
へーたら      しからば、それなら、へたらとも          
へーたらながい   拙くて永い                         
へーでも      それでも
へぐ        はぐ                           
へぐり       煤,鍋墨
べしおる      木を抑えて折る強調語
へち        足袋のこはぜ
へぢゃけー     それだから
へてから      それから、
へっともない    相手を軽く見る、あいつぐらいへっともないまかしちゃる
へぬるい      てぬるい、ぐずぐずする
べら        べろ、舌
へんくー      偏屈の訛り
へんじょうこんごー 遍照金剛から、繰り返し文句を言う、へんじょうこんごういうな
ほーかる      投げ捨ててそのままにする、放っておく、ほーかっちょけ
ぼーけー      空とぼけ、ぼんやり、ぼーけーを言うな
ほーげた      頬の暴言、ほーべた、ほっぺた
ほーたる      放り捨てる、ほーたりすてる
ほーたらかす    放り捨ててそのまま知らん顔をする、ほーからかすとも言う
ぼーし       真綿の防寒衣【背にかける三角形のもの】
ほーたえ      頬、ほーべた、ほっぺた
ほーたらぬるい   小馬鹿,鈍い、なまぬるい、ほーたら寒いはやや寒いこと
ほーとくない    不潔な、汚れた
ほーびんちゃく   横っ面
ぼーぶら      南瓜、ぼーぼらとも、おてもやんの中にでてきます
ほ         そと同様語尾につけてのの代わりに使う、するほ、行かんほ等、元々下関、豊
          浦、長門地区の方言で、宇部ではソが本来だがホも使う。防府以東は使わない
ほいと       乞食
ほげ        破片、かけら
ぼけさく      愚者
ぼけたれ      愚者、このぼけたれがボーケー言うな
ほげる       穴があく、穴をあけることを穴をほぐと言う
ほっちょけ     放っておけ、掘っておけ、声調により意味がことなるのに注意
ほとくら      ふところ
ほろけ       馬鹿たれ
ほろける      落ちる。源氏が平氏の船のほろを蹴って落としたことが由来らしい。
ほん        ほんとに、あんたーほん好かん、ほんこないだ       
ほんがい      蛤                          
ほんこ       良い子、愛児、ほんこほんこで育てた子、ほんそとも      
ぽんすー      馬鹿たれ
ぽんぽら      竹の筒、ぼんぷらとも
このページの先頭へ戻る